飼育小屋少女 無料

飼育小屋少女 無料ネタバレ【犯され続ける少女】

【無料試し読みはこちら】

↓   ↓   ↓

クリック!!

 

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

 

 

 

飼育小屋少女

【無料試し読みはこちら】

↓   ↓   ↓

クリック!!

 

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

新任教師である俺は
とある地方の学校へ異動になった。

 

 

 

そこは都会でも
ど田舎でもない街のどこにでもある
普通の学校。

 

 

 

ただ1つだけあることを除けば。

 

 

 

 

その学校の飼育学校で
俺は彼女に会ったのだ。

 

 

 

 

 

登校初日、
俺は同僚の女子教師に
学校案内してみてもらっていた。

 

 

 

校舎はこんなものですね。
次は中庭に行ってみましょう。

 

 

用具の外には
飼育小屋くらいですが。

 

 

 

 

校庭には生徒たちが
無邪気に遊んでいてのんびりとした。

 

 

 

雰囲気が満ちている子供たちは
新しい先生に興味津々で
遠巻きに見てくるのが分かった。

 

 

【無料試し読みはこちら】

↓   ↓   ↓

クリック!!

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

「ふふふ若い先生が来るって
みんな楽しみにしていたんですよ。

 

 

 

 

「ここが飼育小屋ですね。」

 

 

 

 

 

少し広めのごく普通の飼育小屋。

 

 

 

その前で彼女は立ち止まる。

 

 

 

 

どんな小動物がいるのか
中を覗き込むと!!!

 

 

「な、なんと!!」

 

「これは一体!?」

 

 

 

「女の子がこんなところに!!」

 

 

「何も驚いてんですか?
そういえば都会では珍しいんでしたね。

 

 

ただの動物ですよ。
確かに人間にいていますが、
これは人間ではなくこの地方によくいる
動物なんですよ。」

 

 

と言うのだ。

 

【無料試し読みはこちら】

↓   ↓   ↓

クリック!!

 

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

 

 

 

 

人間にそっくりな。
そんなことあり得るのだろうか

 

 

 

女教師は普通で
その言葉に妙な説得力を持たせていた。

 

 

 

 

 

飼育小屋の前で
俺が戸惑っていると
生徒たちが近寄ってきた。

 

 

 

 

「先生!
ほらミミにこれあげて!」

 

 

 

 

 

こんなくず野菜動物の餌じゃないか!
生徒もこの状況に疑問抱いていないようだ。

 

 

 

 

 

ミミはペット様なので
少女が柵の手前まで寄ってくる。

 

 

 

 

 

 

人間ならこんなもの食べるはずがない。

 

 

 

 

恐る恐る少女に餌を近づけるすると
彼女は無邪気な笑みで
俺を見つめ返してきた。

 

 

 

 

ニコ?

 

 

 

 

 

その瞬間鼓動が高ぶった。
反射的に彼女に恋をした。

 

【無料試し読みはこちら】

↓   ↓   ↓

クリック!!

 

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女教師に促されるまま
小屋を後にした。

 

 

 

 

「あの子に気に入られたみたいですね。」

 

 

 

 

気がつくと何故か俺は
女教師の仕事である
飼育小屋担当手伝わされる話になっていた。

 

 

 

 

 

釈然としないまま
俺はそれを受け入れてしまう。

 

 

 

 

あの笑顔が頭から離れなかった。

 

【無料試し読みはこちら】

↓   ↓   ↓

クリック!!

 

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

 

 

 

 

そして翌朝。

 

 

 

きゃんきゃん!

 

ジュブジュブ!

 

 

ネチョネチョ!

 

 

 

 

騒がしい生徒が
女教師の声の中に
小動物の鳴き声のようなものが混じっている。

 

 

 

胸のざわつき覚え
急ぎ声の方向かった。

 

 

 

そこでは!!

 

 

ねちょねちょ

 

 

 

 

少女が獣に犯されていた。

 

 

 

 

「これは一体!!??」

 

 

 

 


「おはようございます先生。

 

そういえば言ってなかったですね。

 

 

この小屋ではオス2匹飼っているんですよ。

 

昨日は散歩で外に出ていましたが。」

 

 

 

 

 

家そうではなくて!
早く止めないと!!

 

 

「あー。
交尾のことですか。

 

確かにミミはまだ小さいですが
メスはこの子しかいませんし
雄が発情期だからさせてあげないのもかわいそうでしょう。」

 

 

 

彼女はまたも普通。

 

 

 

 

女教師は少し呆れ顔で
生徒たちは行為の意味が分かっていないのか。

 

 

 

キャッキャとはしゃいでいる。

 

【無料試し読みはこちら】

↓   ↓   ↓

クリック!!

 

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

 

 

俺だけが異常に絶句していると
もう1匹のオスが少女に近づいてきた。

 

 

 

そして少女の口にペニスを入れたのである。

 

 

 

 

あら。ポチったら待ち切れないみたいねー。

 

 

 

ポチと呼ばれた獣は
少女の口に自分のペニスを無理矢理ねじ込んだ。

 

 

 

 

少女の声から苦しそうな声が漏れる。

 

 

 

 

少女は今フェラをされているのである。

 

 

 

 

 

両方から責められる少女。

 

 

 

 

 

ハハハポチのやつ入れるところ間違ってるぞー!

 

そこじゃ赤ちゃんできないのに!

 

 

あれも意味があるのよー。

 

発情をさせて妊娠させやすくしてるのよー。

 

 

 

 

 

 

理科の実験でもしているかのような
女教師たちの声がぼんやりと耳を通り抜けて行く。

 

 

 

 

後ろのオスの動きが激しくなり
やがて腰をみっちり押し付けた。

 

 

 

その激しさに少女の小さな子宮に
大量の精子が注ぎながされる。

 

 

 

 

そして口の方でも少女の喉奥に
精子が排出される。

 

 

 

 

やがて少女の苦しげな声が
一瞬途切れ、次にゴクゴクと喉が鳴らされた。

 

 

 

 

続けざまに雄が少女の子宮に精子を放つのである。

 

 

 

【無料試し読みはこちら】

↓   ↓   ↓

クリック!!

 

Handyコミック【飼育小屋少女】LP1※スマホ専用

 

 

 

 

 

 

 

 


inserted by FC2 system